スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年間。無駄遣いの記録(2)

究極の無駄遣い「マンション」

25才で結婚して、26才で買いました。
新築で2,880万円也
貯金はゼロ。親に150万を借りて、自己資金に充てました。

借入先は、今は無き公庫の「ゆとり返済」。
当初5年間は、月々5万円程度。審査も「ゆとり返済期間」でみてくれたので、なんとか借りることができました。

しばらくは共働きで繰り上げ返済して・・とか考えていましたが、翌年子供ができて赤字家計に。

借入れは計画的に。

ちなみに、中古相場は1500万程度。残債は2000万;;
もちろん、個人再生での自宅マンションの資産評価は0円です。

0円って・・ これも不幸中の幸いと言うんでしょうか?
関連記事

コメント

懐かしい響きww
「公庫」
懐かしい響きですねww

4・5年前までのセールス・・・

「今は支払いに不安かもしれませんが、
 数年後には旦那様の給料は増えてるでしょ!!
大丈夫です!!!!!!!!!」



「旦那の給料が上がるまで
  パートに出て二人で頑張ります!!」

この流れで契約した人は数え切れない。
今はどうなってるのやら??
給料上がるどころか・・・

「究極の無駄使い」っていうのが壷にはいりました。
Re: 懐かしい響きww
「給料上がれば返せますよ!」

今では・・
来年給料減るなら、今のうちにローン借りておきましょう!
給料減れば減るほどローンが厳しくなって、買える物件限られてきますよ!

といった、一見正論に聞こえてしまう無茶なセールスになりますね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。