スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまとめローン詐欺未遂②

翌日、仕事の合間に電話しました。

やたら早口の男が対応。

簡単な融資説明の後、審査をするとの事で個人情報を聞かれる。

氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、年収、ローン借入れ先、借入れ額。

一通り伝え終わると、審査をするので30分後に電話して下さい。とのこと。

担当直通の電話として一般電話番号を教わる。

この時点では不信感は一切なく、「審査通るといいのにな~」なんて。


【注】だましのテクニック

・経費節減のため、フリーダイヤルは最初しか使わせず、2回目以降は担当者直通と言って、一般電話を教える、しかも客から掛けさせる。

・審査なんかしていないが、勤務先など一応それらしいことを聞く。

・冷静に考えれば、まともな業者が本人の書面同意なしに信用照会に掛ける訳が無い!


・・・そして、30分後に再度電話。

「○○さん、ブラックに載っちゃってますね。これじゃ、どこからも借りられないですよ!正直、当社としても融資は厳しい状態です。」

「はぁ、そうですか・・」

「でもね、○○さん、私個人としては、何とか融資をしてあげたいと思ってますので、上司に掛け合ってみますから、もう少し時間を下さい。但し、上司に掛け合う以上、審査が通れば融資は受けていただけますね。約束して下さいね。」

「分かりました、お願いします。」

「では、30分後にもう一度お電話下さい。」


【注】だましのテクニック

・ブラックだと脅して一旦落胆させる、と同時に他では借りられないと脅し逃げ道を無くす → 特別扱いを演出し、救いの手を差し伸べる → 恩をきせて断りづらくする。

巧みなトークである。

この時私はブラックでは無かったが、ブラックだと言われれば、そんな気もした。完全にブラックじゃない!と言い切れる自信も無かった。

冷静に考えれば・・

上司に掛け合うもなにも、人情で商売してる業者なんかいない。

融資否決の理由を本人に教える業者なんかいない。しかもブラックとか言うわけないし。


(つづく)
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。