スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の競売が過去最多!

こんな記事が。

『不況のため住宅ローンの返済に行き詰まり、マイホームを競売で失う人が増えている。住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が08年度に競売にかけた住宅は記録のある02年度以降で最多となり、東京、大阪、名古屋の各地裁の競売件数も急増。夏のボーナス大幅カットでローン破綻(はたん)が続出する「6月危機説」もささやかれている。』 (2009.6.3朝日新聞より)

マイホーム競売ってことは公庫の差し押さえか、自己破産。

「夏のボーナスカットでローン破綻続出」は言いすぎかと思いますが、一度行き詰まると回復するのに何倍もの期間を要するのは事実。

現に私も、10年前の浪費が立て直せず、積もり積もって個人再生に至りましたから。

雪だるま式とはよく言ったもので。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。