スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人再生数年後の信用情報

信用情報を取得しましたので、結果報告します。

開示書の画像アップは、隠す加工が面倒なので、テキストで^^;

■信用情報記録開示書(フアイルD)※借入情報
・楽天カード
・モビット
・クレディセゾン
・オリックスクレジット
完済日は、個人再生の完済日になっています。

そして、肝心の【異動参考情報】(延滞、債務整理、民事再生、保証履行等の情報)

記載がありません。

記載が無いということは、消えているのでしょうか?

開示書の説明書には、
「異動参考情報」の登録期間は、「発生日から5年を超えない期間」
とあります。

発生日が、個人再生の認可日(2009年5月)とすれば、5年は経過しています。
完済は2012年4月ですので、3年しか経過していません。


10年は借り入れできない=10年は禊(みそぎ)の期間。と決めていましたので、この結果により何が変わる訳ではありませんが、消えているのであれば、少し気が軽くなります。

※個人再生対象債務のあった、以下の金融機関はリストにありませんでした。理由は不明。
・オリコ
・ジャックス
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。