スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローン口座の変更

申請準備で銀行口座残高を0円にする必要があります。

偏頗弁済を防ぐのが目的ですので、ローンの自動引落しがある口座が対象。

私の場合、給与振込みから公共料金・ローン引落としまで、全て三井住友銀行1本でしたので、三井住友銀行の残高を0にしました。

まず、給与の振込み口座をりそな銀行に変更。
続いて、公共料金や電話代、教育費などの引落し口座を変更。
最後に住宅ローンの引落しも変更して完了!・・と思ったのですが、、問題が。
うちの住宅ローンは、旧・住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)の融資

三井住友銀行に引落し口座の変更を依頼したところ、何やら複雑な手続きが必要な様子。

旧・住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)の融資は、民間銀行が回収管理を委託しており、三井住友銀行がその窓口でした。

銀行を変更するには、公庫の承認が必要との回答が。

結局、公庫の返済だけは三井住友銀行で継続することに。

常時0円にしておき、公庫引落しの当日に残高を入れるという、面倒な作業を2ヶ月程行いました。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。