スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人再生とは

個人再生とは、民事再生法に基づき、個人の返済負担の圧縮と返済計画の立案とを支援する手続をいいます。

民事再生法は、2000年4月に施行された制度で、弁護士・司法書士の取り扱い実績に差が大きい事も認識しておく必要があります。

個人再生の特徴は、住宅ローンの返済を継続しながら、住宅ローン以外の借金の大幅減額をはかることによって、住宅を手放すことなく生活の再建をはかろうとする制度です。

個人再生には「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類がありますが、実際の申立て件数(司法統計・2005年度)は小規模個人再生が21,000件弱、給与所得者等再生が6,000件弱)となっており、小規模個人再生が中心に運用されています。

私は給与所得者(サラリーマン)ですのが、弁護士の奨めで「小規模個人再生」を選択しました。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。