スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレる可能性「会社」

特段の事情がある場合を除き、バレる可能性は極めて低いと思います。

特段の事情とは・・
・会社から借入をしている
・債権者が給与の差し押さえを裁判所に申請した
・金融機関など、信用情報を扱う職種はリスクがあるかもしれないです。

必要書類のうち、「退職金額の証明」は会社に発行を依頼する必要があります。
私は、転職後間が無かったため、提出していませんが、何らか理由を付ければ難なく発行してくれると思います。

万一、バレた場合でも、会社は個人再生を理由に解雇はできません。また、破産と違い、一定の職種にかかる資格制限もありませんので、仕事への影響は極めて少ないと言えます。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。