スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレる可能性「親戚・身内」

親戚・身内にバレるとすれば、

1.お金を借りている。(身内も債権者です。)

2.再生債権の保証人がいる。逆に、保証人になってあげている人がいる。

・保証人には開始決定時に裁判所から通知が届きます。
・自分が保証人になっている場合は、その借入も個人再生債権に含まれます。(自分の借金と同じ扱い)

3.お互いに日常の生活を知りうる(生活の変化に気付き得る)、交流が密な状態にある。

日常の交流が密でなく、「お金」の関係がなければ、バレるリスクは極めて低いと思います。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。