スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばる

今日は息子のことを書きます。

小学4年生の長男。

机に日記帳があったので読んでみました。

鉄棒をがんばる、算数のテストをがんばる、歌の発表をがんばる、・・がんばる、がんばる

「○○をがんばる」

凡庸として具体性がなく、目標とするには物足りない言葉。

そう思っていました。

「がんばる」

今となっては、その重要性と難しさを実感してます。

子供は単純に前向き。とにかく一生懸命がんばる。
かくありたいものです。

大人は頭でっかちでダメです。理屈ばかり。

「明日もがんばるぞ!」

関連記事

コメント

「がんばる」
「がんばって」って人に言う時、
気を使いませんか?

中には腹が捻じ曲がった大人もいるわけで、
「必死にやってんだよ!
これ以上なにやれってんだ(怒)」
なんて気軽に声かけたつもりがややこしくなったりw

大人になって、気軽に使えない言葉、
第1位です。
Re: 「がんばる」
所長さん

確かに。
単純な言葉だけに、受け取られ方も多様ですね。
日本語って難しい。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。