スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレる可能性「官報」

バレる可能性 「官報」は?

個人再生では

1.開始決定(委任後6ヶ月くらい)
2.書面決議(開始決定から約2ヵ月後)
3.計画認可(書面決議から約1ヶ月後)

計3回官報に掲載されます。

●計画認可の公告はこんな感じです↓

平成21年(再イ)第00号
○○県○○市○○町5丁目○番○ ○○マンション305号
再生債務者 山田○夫
1 主文本件再生計画を認可する。
2 理由の要旨平成21年4月1日までに書面に
よる決議により可決があったものとみなされた
再生計画には、民事再生法に定める不認可の決
定をすべき事由はない。
平成21年4月8日
○○地方裁判所○○支部再生・破産係

名前、住所、マンション名までしっかり出ます。

「官報」は専門職の人間しか見ませんのでバレる可能性は極めて低い、、と言いたいのですが。

他のサイトでも官報でバレる可能性は低いとあります。但し!


やっかいなのが、Google

「官報」は1週間WEBで公開されています。
(2009.4.23からは30日に延長。余計な事を)
官報 破産、免責、再生関係は号外に掲載。

Googleはこいつを検索対象に取り込みます。

名前で検索すると、出ます。こいつが。注意して下さい。
(2週間程度で消えますが。延長されれば1ヶ月は残るでしょう。)

YAHOO!・MSNの検索では出ません。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。