スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人信用情報機関の一覧

個人再生の決定後、常々気に掛かっているのが個人信用情報。
日常生活の様々な場面で個人信用情報が求められます。
そこで、今後のためにも信用情報機関と事故情報の保有期間を調べてみました。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
主にクレジット会社が加入
官報情報:HPでは確認できず。7年?

(株)日本信用情報機構 (旧全国信用情報センター連合会、株式会社シーシービーと合併)
主に貸金業者が加入
官報情報:宣告日から7年

全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター
主に金融機関が加入
官報情報:当該決定日から10年を超えない期間

上記三機関で運営するCRIN(Credit Information Network:クリン)において情報交流が実施されているようです。
関連記事

コメント

どうもです!!
CICですが4月1日から官報情報は載ってません。
JICCができて、銀行が全情連の情報を見れるようになったりと、
今年はまるで「個人信用情報元年」ww
←勝手につけちゃいましたww

借入れあるひとにとっては、
いいのかわるいのか・・・??
Re: どうもです!!
やはりそうですか。HP見てもどこにも官報の文字が見当たらなかったので。

信用情報の仕組みも随分変わったんですね!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。