スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人再生の申請書類「債権者一覧表」

個人再生の申請書類

「債権者一覧表」

この書類は「社名、契約日、ローン残高」程度の情報があれば、あとは弁護士さんで作成してくれます。

弁護士は受任後速やかに、債権者に対して受任通知を発送します。

同時に、取引履歴の開示も要求します。

大半の金融機関は、弁護士の求めに応じ提出してくれるようですので、この取引履歴を見れば「債権者一覧表」は完成します。

また、取引履歴をもとに引き直し計算を行い、債務額を確定させます。

弁護士に申告する借入先に漏れが無いよう注意を要します。故意に隠すのは論外。

債権者には、金融機関だけではなく個人や保証人も含まれますのでご注意を。

また、完済している借入であっても、過払請求により返金が見込める場合もあるので、過去の取引含め全て申告しましょう。

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。