スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人再生6件目。最後の相談

ついに6件目。

会社近くの弁護士事務所。

余談ですが・・・

司法書士事務所は熱心で、夜間・土日相談を行っている事務所が多い。(競合が激しいのでしょう)

弁護士事務所は平日10時~18時、遅くとも19時までが多かった。

よって、今回も仕事を抜け出して弁護士事務所へ。


「今回で決めたい!」 良い事務所であって欲しい。そう願って訪問。

結果、高評価!(こんな奴に評価されたくは無いでしょうが、、)

担当弁護士と、事務の女性2名が同席。女性はパソコンで議事録作り。

弁護士は33歳位でしょうか、柔軟な法解釈が印象的でした。

個人民事再生は救済法なので、諸条件を満たしておれば余程の事が無い限り認可される。との言もあり、心労が幾分か和らぎました。

しかも、費用が格安の34万円ポッキリ!(但し、一括前払い)

格安の理由は後で分かりましたが。
※悪い意味ではありません、徹底した効率化です。初回面談は弁護士が行い、委任後の個人再生の手続き事務は、全て事務職が行う徹底ぶり。担当弁護士とは2度しか話さず個人再生が終わりました。

念には念を入れて、当日は「前向きの意志保留」。

後日、着手金と印鑑、必要書類を持参し、正式に委任しました。


個人再生を思い立ってから約1ヶ月が経ち、やっとの事で委任まで辿り着きました。

納得して委任する事ができ、不安なくスタートを切りました。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。