スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己破産を隠して当選

民主党の新人議員が自己破産を隠して当選したとの事。
負債総額は約1億4千万で知人の連帯保証人や父の借金が原因のようです。

先日も同じく民主党新人女性議員のヌードでの映画出演過去が話題に上っていました。

議員だからといって、その人の過去やプライバシーを晒さなくても。別に知りたくもないし。
きっちりと国のために働いてくれれば、それでいいです。

ただし、今回の自己破産した議員は、党内に隠して立候補したようです。
その点は疑問です。
誠実が売りの政治家なら、誠実に公表し、自己破産議員として戦う気概が欲しかった。
でも公認を受けることができたかどうか。。民主党の懐の深さの程は分かりませんが。

でも、今となっては、辞職した空き枠に知らぬ間に自民党の誰かが復活当選するくらいなら、そのままやり遂げてもらった方がいいかな。
ミスター年金の長妻氏のように、ミスター自己破産として。
そういう人がいても良いと思う。

関連記事

コメント

自己破産
このニュースを見て、「ギクッ」と思いました。
官報に載るし、秘密にはできないのは個人再生も同じ。
このブログは「極秘で…」ですが、自分は社内貸付があるので、会社バレ覚悟です。いろいろ考えましたが、もう開き直るしかありません。
関係部署の人や上司に問われたら、「身内の保証人になってしまい」というつもりです。
だから、このニュースは…。
一応、会社ではまじめで通っているので、どのような対応をされるかわかりません。
少なくとも、3年間の返済期間は、辞めないつもりです。
退職金で、借金を返すことも考えましたが、個人再生という救済法を使わせてもらうことにしました。
一応、「DODA」で転職先探しています。今より収入のいいところがありません(苦笑)。
Re: 自己破産
まろんさん

会社バレですか。確かに開き直るしかないですね。
私も結果としては誰にもバレずにすみましたが、申し立て前にはあらゆるリスクを覚悟しました。最悪は、誰も知らない土地で家族で一からやり直そう。なんとかなるさ。と夫婦で考えていました。

ただ、借金の発覚によって、今までの個人の評価が一変することは考えにくいと思います。
もし私が借金を聞かされる立場であれば、個人再生の事実や借金の経緯よりも、精神疲労が原因で仕事に影響が出ることを懸念します。そこに、開き直って気丈なまろんさんが居れば、それ以上何も言うことはありません。

ちなみに、私は昨年転職しましたが、不況の影響もあり収入ダウンです(悲)
今の収入だと、個人再生計画も微妙だったかもしれません。
国会議員
私が今回の選挙で腹が立ったのが、
選挙翌日に放送されていた、
名前を書いてといわれたから書いて、
そのまま比例で受かったと言うおばちゃん議員。

まぁ、テレビの放送の仕方にもよるんでしょうが、
なんで、そんな人が当選して、
税金から給料が払われなきゃならん!!!
「自分でもビックリです!!」じゃない!!

それで、この給料かよ!!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090913-00000039-san-soci

私は怒ってます!!!
たこやきさんのブログで怒って申し訳ない!!!

Re: 国会議員
所長さん

私も見ましたよ、そのおばさん。

報道はされませんが、比例代表では他にも棚ぼた当選が続出じゃないですか?
小選挙区で落ちて比例で復活するだの、名前貸しで当選するだの、議員の都合だけで作られた比例代表制度の弊害以外のなにものでもない。
しかも、驚くべき高額給与!

声掛けてくれたら喜んで名前貸してあげたのに。ミスター個人再生として。なんて。
延滞金(利息)
連夜、お騒がせしております。
2日に弁護士に委任してから、返済をやめています。
数社の催促電話があると、弁護士に言われたとおり、「その件は、弁護士に委任しましたので連絡してください」と告げます。
面白いことに、「あっ、そうですか」と相手もなれたもの(苦笑)。
さて、これから長く続く申請までの道のり…。
申し立てするまでの間の延滞金も加算されて、債務の金額が確定すると聞きました。
業者によってはとらないとか…。
半年かかると相当な金額になりますね、でも、支払うのは5分の1でしょうが(また、苦笑)。
実際のところを教えていだだけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Re: 延滞金(利息)
まろんさん

こんばんは。連日お越しいただきありがとうございます。
ご質問の件ですが、すいません。分かりません(汗)

債務額に関しては、債務者一覧表を弁護士に提出した以外は、債権者への返済表の請求や引き直し計算等、全て弁護士事務所でやって頂いたので、あまり意識していませんでした。

再生債権額が決まった後も、概ね当初の債務額の5分の1になっていたので、個別に確認していませんでした。
どんぶり勘定の癖が抜けてないですね;

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。