スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

委任弁護士が懲戒処分になった日

委任弁護士が懲戒処分で業務停止になったら。

恐ろしいですね。でも、現実に起こっています。

私が委任を考えていた東京の事務所。債務整理では実績ある事務所。
その事務所が今年4月に業務停止処分を受けていた事を、たった今、知りました。

弁護士事務所紹介のカテゴリー記事を書こうと検索していたら・・・
「いちご綜合弁護士事務所」
「いちご綜合弁護士事務所」業務停止処分!?マジ?
2009年4月13日から8月12日まで。

4月といえば、私の個人再生認可前後の最後の山場。
そんな時期に弁護士が業務停止なんで、考えただけでもストレスが溜ります。
危ないところでした。

しかし、某掲示板にはこの事務所に委任されていた方々の不安と怒りの声が今も渦巻いています。

弁護士の業務停止。委任にそんなリスクがあるとは、今まで気付きませんでした。

マンション買ったのにディベロッパー倒産。
一時期、マンション業界が信用不安に襲われたことは記憶に新しいですが、弁護士事務所にも信用不安があろうとは。

相談に乗って頂いた事務所なので心中複雑ですが、今後のリスクのためにご紹介しておきます。

↓詳しくはこちらで
http://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/30026094.html

↓弁護士の懲戒履歴を検索できます。
http://shyster.symphonic-net.com/


関連記事

コメント

そういうことがあるんですね。
弁護士の業務停止ということがあるんですね。
個人再生の依頼を受けたまま3年放置って…考えられません。
また、懲戒履歴の検索も、自分の県で調べたところ、
同じ弁護士が3回も懲戒履歴に載ってました。
その弁護士事務所に依頼する人がいたら、教えてあげようと思います。
たこやきさんも、危ないところでしたね。
情報ありがとうございました。
Re: そういうことがあるんですね。
石ころさん

過払請求など、弁護士事務所利用の進捗に比べ、リスク情報開示が遅れていると思います。
「弁護士=信頼できる」と思い込んでいますから怖いですね。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。