スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人再生3件目の相談

3件目は弁護士事務所へ

債務整理に特化した弁護士をネットで探しました。

弁護士の場合は相談料が必要ですが、初回相談無料の事務所を見つけて予約。

ひっそりとした個人事務所に弁護士1人と受付事務員が1人。

若干の不安を覚えながらも相談開始。

「個人再生を考えているのですが。」

「そうですか。では、ご質問をどうぞ」

「・・・・」

「何でも聞いて下さいね」

「・・・」


無料相談とはいえ、個人再生のしくみすら分からない状態で、質問は無理。

私はある程度勉強をして、質問を絞って臨んだので会話は成り立ちましたが、何の知識もなく訪れた人には不毛な時間でしょう。大抵の人がこの状態だと思いますが・・

先に相談した司法書士事務所では、個人再生制度の概要、費用の説明、委任する場合の手続きなど、一通り説明してくれた後に、質問形式で私の状況をヒアリングしてくれました。

その上で、始めて、「質問はないですか?」。本来こうだと思うのですが。

相談が終わったあとも、先の司法書士事務所とは対照的。

商売気がないというか、

司法書士事務所では、必ず

「では、委任されますか?委任される場合は、この書類に署名と押印をお願いします」

という具合に、委任まで話を進めます。

今回の弁護士さんは、

「他に質問がなければ、以上で宜しいですか?では、今日はこれで」

てな具合で、帰るしかなくなりました。

委任するつもりは無かったので、そのまま帰りましたが。
関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。