他人にバレる可能性はの記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

官報がgoogleで晒される件(4.最終回)

消えました!!

google「ウェブページ削除リクエスト」成功!?

とにかく消えた!!良かった~


ばれるリスク、ひとつ減りました ^^

同じ状態の方がいらっしゃればお試し下さい。

googleウェブマスターツール>削除リクエスト
※googleアカウントでのログインが必要です。
スポンサーサイト

官報がgoogleで晒される件(3.報告)

先日申請した、google「ウェブページ削除リクエスト」の結果報告です。

今日になり、google管理画面に「削除完了」との表示が。

おっ、早いね♪消えたか!?

早速名前を検索。


・・・ 消えてません。

なんじゃそら。期待外れの「ウェブページ削除リクエスト」でした。

googleの検索表示の仕組みが分かりません。

次にロボットがクロールした時に消えるんでしょうか?

官報がgoogleで晒される件(2)

個人再生バレのリスクの一つに官報があります。

官報については以前にも書きましたが、「一般には目にする事がないのでバレない」との説明が多いですが、googleで個人名を検索すれば「官報」が出ます。

今日も検索してみましたが、まだ残っています。

↓検索結果↓コピペ
[PDF] 官報ファイルタイプ: PDF/Adobe Acrobat
再生債務者 山田 ●●. 1 主文 本件再生計画を認可する。 2 理由の要旨 平成21年●月●日までに書面に. よる決議により可決があったものとみなされた. 再生計画には、民事再生法に定める不認可の決. 定をすべき事由はない。 ...


リンクは切れているため官報には辿り着きませんが、個人再生バレには充分な情報です。

WEB官報の閲覧期間は30日。

私の官報掲載日(個人再生の認可)からは40日近く経過し、WEB官報での閲覧はできません。でもgoogleには出ます。

そこで、googleに削除依頼を出してみました。

google『ウェブページ削除リクエスト』ってやつです。

googleの規定によると、、(以下、google転載)

『削除できるものは次のとおりです。』
Google の検索結果からセンシティブな情報を削除する必要がある場合や無効なリンクを見つけた場合、またはセーフサーチ機能の改善にご協力いただける場合は、下記よりオプションを 1 つ選択してください。

1.Google の検索結果に表示される情報または画像。
2.Google の検索結果で 404 エラー (見つかりません) や 410エラー (存在しない) を返す、期限切れまたは無効リンク。
3.セーフサーチでフィルタリングした検索結果に表示されている不適切なウェブページや画像。



今回は2.に該当。検索結果である官報の情報は閲覧期間を過ぎているためエラーになります。

2.の無効リンクとして申請しました。

そして、申請後の状態(以下、google転載)

保留中の削除リクエストはすぐに処理されます。ウェブページの削除リクエストの処理が完了すると、ステータスが [削除されています] となり、Google の検索結果から 90 日間除外されます。セーフサーチの削除が完了すると、Google のセーフサーチ検索結果から完全に除外されます。リクエストが拒否された場合、[詳細] リンクをクリックすると、削除できなかった理由を確認できます。


どうなるでしょう。少し不安ですが。。

結果、ご報告します。

バレる可能性「会社」

特段の事情がある場合を除き、バレる可能性は極めて低いと思います。

特段の事情とは・・
・会社から借入をしている
・債権者が給与の差し押さえを裁判所に申請した
・金融機関など、信用情報を扱う職種はリスクがあるかもしれないです。

必要書類のうち、「退職金額の証明」は会社に発行を依頼する必要があります。
私は、転職後間が無かったため、提出していませんが、何らか理由を付ければ難なく発行してくれると思います。

万一、バレた場合でも、会社は個人再生を理由に解雇はできません。また、破産と違い、一定の職種にかかる資格制限もありませんので、仕事への影響は極めて少ないと言えます。

バレる可能性「親戚・身内」

親戚・身内にバレるとすれば、

1.お金を借りている。(身内も債権者です。)

2.再生債権の保証人がいる。逆に、保証人になってあげている人がいる。

・保証人には開始決定時に裁判所から通知が届きます。
・自分が保証人になっている場合は、その借入も個人再生債権に含まれます。(自分の借金と同じ扱い)

3.お互いに日常の生活を知りうる(生活の変化に気付き得る)、交流が密な状態にある。

日常の交流が密でなく、「お金」の関係がなければ、バレるリスクは極めて低いと思います。

バレる可能性「奥さん」

奥さんにバレずに個人再生は至難の業かと。
ちなみに我が家は、夫婦で協力して進めました。

手続き上は、依頼先事務所に書類さえ取りに行けば、裁判所から自宅に書面が届く事は無いので、バレる状況は無いと思います。奥さんの同意が必要な書面も無し。※但し、奥さんが保証人の借入があるなら確実にバレます。

よくよく考える・確認する必要があるのは、

・弁護士費用や金融機関への支払いは内緒で可能か。
・必要書類の収集は全て自分で可能か。
・奥さんが保証人になっている借入は無いか。
・逆に奥さんの借入の保証人になっていないか。
・カードが使えなくなって怪しまれないか。
・将来、ローンを組む見込みはないか。(自動車、教育ローン等)
・将来、信用を要する局面はないか。(子供の借家の保証人になる等)

この辺りを色々考えると、手続きはバレずに終わったとしても、家族としては問題が多い気がします。

バレる可能性「官報」

バレる可能性 「官報」は?

個人再生では

1.開始決定(委任後6ヶ月くらい)
2.書面決議(開始決定から約2ヵ月後)
3.計画認可(書面決議から約1ヶ月後)

計3回官報に掲載されます。

●計画認可の公告はこんな感じです↓

平成21年(再イ)第00号
○○県○○市○○町5丁目○番○ ○○マンション305号
再生債務者 山田○夫
1 主文本件再生計画を認可する。
2 理由の要旨平成21年4月1日までに書面に
よる決議により可決があったものとみなされた
再生計画には、民事再生法に定める不認可の決
定をすべき事由はない。
平成21年4月8日
○○地方裁判所○○支部再生・破産係

名前、住所、マンション名までしっかり出ます。

「官報」は専門職の人間しか見ませんのでバレる可能性は極めて低い、、と言いたいのですが。

他のサイトでも官報でバレる可能性は低いとあります。但し!


やっかいなのが、Google

「官報」は1週間WEBで公開されています。
(2009.4.23からは30日に延長。余計な事を)
官報 破産、免責、再生関係は号外に掲載。

Googleはこいつを検索対象に取り込みます。

名前で検索すると、出ます。こいつが。注意して下さい。
(2週間程度で消えますが。延長されれば1ヶ月は残るでしょう。)

YAHOO!・MSNの検索では出ません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。