特集!総量規制2010の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専業主婦には貸しません

専業主婦には貸しません。

大手消費者金融業者は6月の総量規制をにらみ、専業主婦への新規貸し出しを止める方針を固めた模様。

6月以降に専業主婦が借りようとした場合、夫の収入証明や合意書が必要となる。
これらの確認手続きには貸す側の手間も増える。それなら止めてしまおう。という理由らしい。

追加融資も受けられないようなので、武○士、ア○ム等から夫に内緒で借りてる主婦の方は、早めに手を打った方が良さそうです。
スポンサーサイト

総量規制でアウトの方は銀行へ!

改正貸金業法による総量規制
2010年6月までに開始される見込みです。

早くも弁護士事務所は、顧客囲い込みに余念が無いようです。

googleやyahoo!で「総量規制」を検索すると、スポンサーに債務整理の広告が。
今のところ確認できたスポンサーは、アディーレ法律事務所と法律事務所ホームワンなど大手のみ。さすがに稼げる事務所は対応が早い!

ただ、弁護士事務所の広告はいいとして、オリックス信託銀行のおまとめローンはどうかと思いますけど。
↓こんな感じで
総量規制ご存知ですか?
複数ローン返済でお困りの方に。
金利5.9-13.5% 銀行の借換専用ローン
ORIX-trust.co.jp

多重債務を減らす目的の総量規制
銀行は貸金業法の対象外で総量規制が掛からないとはいえ、総量規制で貸金業者から借りられない人に貸す訳でしょ?しかもこんなに堂々と?いいのかな?

5月頃には銀行がスポンサーに連なっている気がする。総量規制の駆け込み寺。銀行寺。

総量規制の対象となる借入額は?

総量規制の対象となる借入額は?

総量規制では、年収の3分の1を超える貸付が禁止されます。

例えば・・・
年収300万円だと、アコムで50万円借入+オリコとセゾンに各30万円のキャッシング枠=計110万円
年収の3分の1を超えているので、新たな借り入れはできません。

その調査のため下記に該当する借入の場合は、収入証明が求められます

・1社からの借入残高が50万円超となる借入(与信枠が50万円を超える場合も含む)
・他社を含めた総借入残高が100万円超となる借入

また、下記の条件に該当するリボルビング契約を締結する場合、指定信用情報機関で残高調査が行われます。

・1ヶ月の借入の合計額が5万円以上かつ借入残高が10万円以上の場合は、毎月調査
・借入残高が10万円以上の場合は、3ヶ月以内に一度の調査


日本貸金業協会の調べでは、貸金を利用している人のうち、既に総量規制に抵触する人は50%にもなるそうです。

総量規制の対象となる借入先は?

総量規制の対象となる借入先は?

消費者金融からのキャッシングやクレジットカードによるキャッシング等が対象となります。

ただし、クレジットカードのショッピングは総量規制の対象外です。
管轄が「金融庁が管轄する貸金業法」ではなく「経済産業省が管轄する割賦販売法」だから。

また、銀行、ゆうちょ銀行、農協等からの借入れも対象外です。
そもそも、貸金業者ではないから。

よって、銀行のカードローンや銀行系おまとめローンも対象外となります

なんだか、抜け穴の多い規制ですね。銀行では貸して貰えない信用力の無い弱者いじめ?
得するのは消費者金融から客が流れる「銀行と闇金」そして弁護士事務所かな。

その他、総量規制の除外・例外は・・
・不動産購入ローン・自動車ローン・高額医療費の貸付け・有価証券担保や不動産担保のローン・緊急の医療費・配偶者と併せた収入の3分の1以下の貸付け・個人事業主に対する貸付けなど。。他にもあります

総量規制とは

総量規制とは

個人の借入総額が原則として年収等の3分の1までに制限されます。
キャッシング・カードローンなどの無担保ローンが、年収の3分の1までしか借りられなくなります。

総額です。一社に対する借入額ではありません。

今までは、信販系・消費者金融系など貸金業者によって加盟する信用情報機関が分散していたため、A社・B社の加盟する信用情報機関が異なれば、借入がバレずに両方から借りることができた、なんて事もありました。が!

総量規制の導入により「指定信用情報機関制度」が創設され、複数の貸金業者間で1人の顧客の借入情報が共有されます。他社の借入が把握されるようになります。

総量規制の開始時期は法律で2010年6月までと定められています。遅くとも2010年6月には始まります。

特集!総量規制2010

総量規制とは

総量規制とは貸金業法改正により導入される、多重債務防止を目的とした年収により借入上限枠を設定する制度。
総量規制により、個人の借入総額が、原則として年収の3分の1までに制限されます。
一定額以上の借入がある場合は、収入証明の提出が求められ、新規の借入ができなくなります。自転車操業ができなくなります。
私はブラックなので無関係ですが、導入後が心配な人のために総量規制とはをまとめてみました。
うちにはクレジット会社から何の案内も来ないので(使えないので当然ですが)、実は皆さんの方がよくご存知かもしれませんが・・・
特集!総量規制2010記事リスト

(1) 総量規制とは
(2) 対象となる借入先は?
(3) 対象となる借入額は?
(4) 2010年6月!どうなる(未投稿)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。